二重整形で理想の自分になる!憧れの二重になれるチャンスを掴もう

自分のなりたい目になれる

看護師

美容整形で一番人気がある二重整形をすることで、なりたい目にしてもらう事が出来ます。自分に自信を持つことが出来るようになったり、性格的にも変化が出てくる期待も有ります。埋没法ならメスを使わずに手術が出来ます。

詳しく見る

短時間の施術で済む

目元

二重整形は大掛かりな手術ではありません。埋没法は特に手軽に行えます。気に入らなければ戻せるのも埋没法のメリットです。二重整形前は必ずむくみが取れるような生活を心がけましょう。また、術後の注意事項を把握することも忘れないでください。

詳しく見る

まぶたが腫れない

顔に触れる女性

くっきりした二重まぶたになりたいけど、痛いのが苦手なら腫れや傷みが少ない二重整形を行ってくれる美容外科をおすすめします。信頼できる美容外科なら、患者さんの立場に立って最適な施術を行ってくれます。又術後のサポートもしっかりしています。

詳しく見る

理想の二重を手に入れる

医者

学生や社会人など若い人にも身近な美容整形が二重整形です。値段が手頃で短い期間で外出が可能になることから、年々治療件数が増しています。主に埋没法と切開法があり、同時に脂肪吸引や目頭切開を受けることも多いです。

詳しく見る

理想の二重になるために

カウンセリング

簡単にできるイメージが強い二重整形はよく調べずに受けてしまう人がいます。トラブルを招かないためにも説明や保証についてはしっかり確認する必要があります。保険適用になる施術法もあるので受ける前にきちんと相談しましょう。

詳しく見る

埋没法と切開法の違い

女性

注意しておきたいこと

二重整形は、大きく分けると埋没法と切開法の2種類があります。埋没法はまぶたに二重の線を作って糸で留めつけておく方法で、切開法は二重の線をメスで切って作り縫う方法です。埋没法はメスを入れないので、術後に腫れたり内出血したりするダウンタイムが長くても1週間程度と、短いのがメリットです。また、手術自体の時間が10分程度と短時間であることや、切開法より低価格で行えるのも魅力の二重整形となっています。切開法はまぶたを一部だけ切る部分切開と、二重のライン部分を全て切る全切開があります。まぶたが分厚いだけの人は、部分切開でもきれいな二重を作ることが可能ですが、併せて腫れぼったさもある人は全切開が適当です。なお、全切開の場合は余っている脂肪も取り除けます。切開法の手術自体にかかる時間は、30分から1時間程度です。それから、ダウンタイムは早い人で1週間、長い人で1ヶ月くらいが目安となります。切開法で作った二重のラインが取れることは滅多になく、半永久的に持つとされています。二重整形の内、埋没法は糸を埋め込んで二重の形に留めつけておく方法なので、糸が自然に劣化すると緩んで一重に戻る可能性があります。人によっては二重のラインが定着して、糸が取れても一重に戻らない場合もありますが、そうでない場合は二重整形の受け直しが必要になります。クリニックによっては保証期間を設けているところもあるため、クリニック選びの際には手術スキルはもちろん、保証内容も考慮するといいかもしれません。それから、埋没法の糸の留め方には、1点留め、2点留め、3点留めなどがあります。1点留めよりも3点留めの方が二重のデザインが容易ですし、まぶたが厚い人は留める箇所が多いほうが安心です。また、3点留めのように留めるところが多いほうが一箇所の負担が軽減されるので、長持ちすると考えられます。まぶたが分厚く腫れぼったい人が埋没法を選ぶときは、3点留めのほうが向いているでしょう。埋没法で手術した後は糸が外れる原因になるので、目を擦ったりむやみに触ったりするのは避けてください。

Copyright© 2018 二重整形で理想の自分になる!憧れの二重になれるチャンスを掴もう All Rights Reserved.