理想の二重を手に入れる

医者

二重は可愛いの条件

人の顔にも流行りがあるとされますが、昔から衰えず人気があるのが二重瞼です。二重瞼とは、上まつげの5mm程度上に目頭から目尻にかけて一筋の線が入ることです。目の幅が縦に拡がることでぱっちりと見えたり、睫毛も埋もれにくくなったりする等、見た目にも機能にもメリットがあります。しかし、日本人は生まれつき一重まぶたの場合が多く成長し二重瞼に変わることもありますが、ごく稀で綺麗なラインにならないことから、綺麗な二重瞼は自分で作る方法が出てきました。アイプチやアイテープなど、のりやテープで二重ラインを貼り付けて固定したり、シャドウやライナーで直接描いたりするなど方法は様々ですが、不自然さがありました。そこで、近年流行しているのが、二重整形です。種類は様々ですが、半永久的に二重瞼を維持できることや、自分の理想の幅をデザインできること、また若い人にも払えるような身近な値段設定になったこと、さらに芸能人やモデルなどが自身の二重整形の経験を明かすなど、二重整形が世間から、病院で悪い場所を治療するくらいの身近な存在になってきたことなどが理由の一部にあります。そんな、二重整形で一番人気なのが埋没法で、ラインを作りたい場所に一点から四点ほど糸で結び固定します。すると、その部分が谷折りのようになり目を開くと二重のラインになります。美容整形外科にもよりますが、両目で数万円程で、切り開かないので傷の直りも早く、1週間ほどで通常の生活に戻れます。術後は、糸で留めた部分がポツポツと出っ張ったように見えますが、化粧で隠せる範囲です。普段からアイプチなどをしていた場合、手術を受けても周りにばれない場合もあり、メイクの時短や瞼のかぶれ、皮膚のたるみ予防にもなります。次に二重整形で人気なのが、切開法です。こちらは二重ラインを作りたい部分の皮膚を枢ミリ単位で切開して縫い合わせます。縫い合わせた糸は、徐々に溶けたり、抜糸したりで取り除くため残りません。外国人のような彫りの深い目にしたい、幅の広い二重にしたいなど、ナチュラルより化粧映えを目指す方に人気があります。より、大きな目にしたい場合は、二重整形と同時に脂肪吸引や目頭切開を行い、瞼の腫れぼったさを無くして、横にも幅を拡げる治療も受けられます。

Copyright© 2018 二重整形で理想の自分になる【きれいな二重を作ることが可能】 All Rights Reserved.